リヤフェンダーをカットしてローダウンの準備が出来たので、早速車高を落とします。
フロントのローダウンはフロントフォークの中身のカートリッジを改造します。(作業中はフォークオイルで手がオイルまみれの為画像がありません)
やり方を簡単に説明すると、フォークスプリングの上に入っているカラーを半分の長さに短く切断します。短く切断した長さの分のカラー(+スプリング)をリバウンド側のスプリングに追加します。これで約2.5インチ短くなります。
上側のフォークがノーマル。下側が短く加工したローダウン仕様のフォークです。
エンド側のUP画像です。
リヤの車高ダウンはリンクを変更して車高調キットを使います。
この車高調はGPZ900/750Rニンジャ用の物で、ゼロヨンフェスティバルにゼファー750で参戦している友人のK氏から数年前に貰って使わないまま棚の奥にしまいこんでいた物です。
ハヤブサ用として売られている車高調キットと比べてみるとロッド自体の寸法は全く同じで、取りつけボルトの長さが違うだけでしたので、ネジ屋に行って長いボルトとワッシャー(¥360)を購入してきました。
フロントの車高が決まったので、ブレーキホースも合わせて作りました。
こちらはガレージに余っていた5本のホースの使える所を組み合わせて作ったものです。
ノーマルのキャリパーは前のオーナーが外されていたので、4ポッドのキャリパーを二輪タイヤプロショップLANDNERの井手店長から御提供頂きました。
出来あがったフロントフォークとリヤの車高調を組み込んでみました。
リヤはスイングアームがまだノーマルなのでほとんど落としていません。
フロントフェンダー&フロントブレーキマスター&クラッチマスターは隼乗りのモリケンさんに頂きました。
PREVIOUS NEXT