いよいよ細かい修理に入っていきます。
今回はエアクリーナーBOXとエアダクトの修理です。
まずはフレームが折れたためにとばっちりを食って割れたエアクリーナーBOXの修理から。なるべくお金をかけたくないので修理して使います。
ハヤブサのエアクリーナーBOXは上下合わせの一体物です。それが合わせ面から割れていました。
まず、割れた隙間に瞬間接着剤を流し込みます。写真はBOXが開かない様に本を重しにしています。
接着剤が乾いた頃合を見計らって半田こてでBOXを溶かしながら接着していきます。この状態でもついてはいるのですが、念には念を入れてホットボンドで隙間を埋めつつ更に接着します。
一応完成です。
レース用にBOXの中はモデファイを加えますが、それは後日にまわします。
左のエアダクトも修理です。
修理方法はエアクリーナーBOXと同じやりかたです。
こちらもこれで完成です。
エアクリーナーBOXが付いたので、タンクやその他の外装も組んでいきます。メーターステーはハヤブサ乗りのモリケンさんに頂きました。 オイルを抜いたついでにワイヤーロック用の穴を開けました。
PREVIOUS NEXT